鳥インフルエンザとはA型インフルエンザウイルスが鳥類に感染し起る感染症

スポンサードリンク



鳥インフルエンザとはA型インフルエンザウイルスが鳥類に感染しおきた鳥類の感染症です。

また鳥インフルエンザには種類があり、たとえばニワトリウズラ、七面鳥に感染した場合は病原体が高く、危険であるといわれています。

ちなみにそれらのタイプは鳥インフルエンザとはいわず、高病原性鳥インフルエンザといいます。一般人に感染する危険性は極めて低いといわれていますが、それでも感染の恐れはあるので注意なくてはいけません。

ただ感染した場合でも人から人に感染するということはあまりないようです。

また鳥インフルエンザには先ほどのA型以外にもB型C型とあり、人に感染する恐れがあるのがA型とB型といわれています。

どのような場合に人に感染するかというと、それらに感染した野性鳥などの体液排泄物接触、そして飛沫がかかることで人に感染します。ようは鳥インフルエンザにかかった鳥と深く接触しなければ感染することは少ないというわけです。

たとえば感染した鳥の世話としたり解体したり、遊んだりなど…。
そういった鳥と触れあうことが人へ感染する恐れがあると報告されています。
あまりこういったことはありませんが、稀にあるので野生鳥などをむやみに触ったりしないようにしましょう。

感染率が低いとはいえ、人間側の免疫が低かったり体質によっては簡単に感染してしまうかもしれないので注意が必要です。
もちろん感染した人は人と接触することでウイルスを感染させてしまう可能性があるので、こちらもまた注意が必要でしょう。

突然の高熱が発生したら、一度病院に行くことをおすすめします。
とはいえ鳥インフルエンザが人感染した場合、基本的に症状が軽いものが多く、ウイルスにかかったという
自覚症状
を持てないというケースが多々あります。 症状は先ほどの高熱や咳にくわえ呼吸器症状や筋肉痛、
全身倦怠感などです。症状のほとんどが疾患名をつけられないほどですが、なかには死に至るというケースも
あるので軽くみることはできません。

人に感染した場合、こういった軽度から重度までさまざまな例が報告されているので、少しでも不安に感じたら受診しましょう。
そして予防するよう生活面も見直す必要があります。

SPONSORED LINK


鳥インフルエンザに限らず鳥は、人に感染する病気にかかる場合がある

家で飼っている鳥は比較的安心ですが、鳥は鳥インフルエンザに限らず
人に感染する病気にかかる場合があります。

糞の処理後しっかり手を洗うなどして清潔にしてくださいね。

もしに触れる場合は医療用マスクやゴーグル、ガウン、手袋を装着し
しっかり全身をガードしてから触れるように。
それと手指消毒も忘れないようにしてください。


スポンサードリンク